無駄吠えをしない犬にするためのトレーニング方法【セラピードッグ訓練士様寄稿記事】

シェアして欲しいワン!

この記事はセラピードッグ訓練士の方に寄稿頂きました。
スポンサーリンク

無駄吠えをしない犬にするためのトレーニング方法

犬の無駄吠えとは飼い主が吠えて欲しくない時に吠える問題行動のひとつです。

無駄吠えにもいろいろ種類が有り、無駄吠えをしない犬にするためには無駄吠えの種類を知っておく必要があります。

例えば、怪我や病気などが原因の場合はしつけの前に獣医さんに連れて行く事が大切と言えるでしょう。

3464380538_31d8f5d414

犬の無駄吠えの種類と要因

無駄吠えの種類はいくつかあります。

・飼い主に対する要求吠え

・恐怖心からの吠え

・分離不安による吠え

・痛み苦痛からくる吠え

・高齢による認知症による吠え等

様々な種類が有ります。

このうちしつけによって改善できるのは要求吠え・恐怖による吠え・分離不安による吠えです。

病気や怪我、高齢化による無駄吠えは、獣医さんに頼るしか有りません。

まずは何故吠えているのか、愛犬の置かれている環境などを見直して無駄吠えの原因を知りましょう。

また吠えるきっかけ(音や出来事)などがあるかも注意して見てあげてください。

無駄吠えをさせないための工夫

原因の予測が立ったら、できるだけ取り除いてあげましょう。

環境を変えるなどの対策だけでも無駄吠えが軽減される場合が有ります。

それでも吠える場合は愛犬の注意をそらしたり、気が紛れる様に工夫するなどの環境づくりも大切です。

座れ・待てのコマンドが重要に

実際の訓練では、吠えている時に「スワレ」「マテ」などの号令を出して、泣き止んで号令に従ったらご褒美をあげる。の繰り返しで、吠えるのを止めたらご褒美がもらえると刷り込んでいくしか有りません。

その為に普段から基本となるスワレなどの基本動作の訓練をしっかりやっておきましょう。

愛犬が興奮しているときにコマンドを出して、アイコンタクトをとるだけで冷静さを取り戻し、無駄吠えをやめてくれるようになるのが理想です。3623976576_9653bf3653

訓練で無駄吠えを改善すべき理由

無駄吠えが多いからと言って電気ショックを与える首輪をつけたり声帯を取る手術などをすると愛犬のストレスがたまりやすくなり、違う問題行動や病気を引き起こす原因になりかねません。

根気が必要ですが、訓練で吠えるのを止められるようにしましょう。

また多頭飼いの場合、1匹が吠え始めると他の犬も連鎖的に吠えだす場合が有ります。

この場合は、始めに吠え始める犬をしつけることで連鎖的に無駄吠えも無くなるので、無駄吠えをしている犬を探し出す事が重要となります。

このように無駄吠えひとつにも様々な種類や原因、対策が有るので、愛犬が問題行動を起こした時は飼い主が冷静になって原因や対策を考える必要が有ります。

そしてなにより、飼い主であるアナタ自身がパニックなったりヒステリックになったりしないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアして欲しいワン!